工務店が近江八幡つくる注文住宅

  • 近江八幡で注文住宅を建てるには

    • 近江八幡は滋賀県の中部、琵琶湖の東岸に位置する市で人口は約8万2千人の街です。市域は全般的に平坦であり小高い山々が平野部に浮かぶように点在しています。近江八幡で注文住宅を建てるには地元に密着した住宅に対して他の会社と違う拘りを持って臨んでいるところがあります。



      近江八幡の注文住宅ではまず毎月家造りの学校が開催されていて資金計画や間取りプラン、住宅性能や構造といった項目をとりあげていて必要な情報を提供したり疑問に思っているところを解決するような取り組みを行っています。



      施工にとりかかるにあたっては社員と職人全員の顔合わせを行い住まいのコンセプトや工事の進め方などが説明されます。互いに手を取り責任を感じその信頼に応えるようになっています。

      上棟式の折にはスタッフと共に昼食をとる機会を作りコミュニケーションのための時間を設けています。

      工事が完成すると引渡しとなりますがそれまでの工事工程をまとめた写真を一緒に鑑賞するようになっていて引き渡しから10年間は定期的に訪問が行われます。
      近江八幡の注文住宅では地盤については専門調査会社によって調査され結果の分析を行い問題があれば地盤改良や地盤強化の方法がとられます。


      デザインや構造については敷地の形状や向き、街並みや隣家との距離、光と風に配慮されたプランニングが行われています。
      基礎はベタ基礎、防腐・防蟻処理のされた構造用集成材を採用していて強度が長年に亘って保てるようになっています。



      基礎部分を始めとして気密・断熱材が家を覆うように施工されていて快適な空間づくりが行われています。


top